スポンサードリンク

 

自宅で仕事

2007年05月04日

自宅でパソコン仕事

自宅での仕事の有効性について、ちょっとお話ししたいと思います。1日をいかに効率的に使って仕事をするかを考えると、自宅での仕事に行き着きました。会社にいるとなかなか集中して、仕事に打ち込めないことが多いからなのです。

・社員が(無駄口とはいいませんが)昨日あったことや、取引先での噂などの話しをしていて(興味はないのですが)聞こえてきてしまい集中できない

・取引先や問い合わせの電話に出なければならないことが頻繁にあり、その処理に時間がかかっていまう。

・営業さんなどが飛び込みで来たときの対応や訪問してきた場合、対応に時間がとられる

・夕方近くになって、上司のデスクワークが突然やってくる(笑)

・同僚のグチや自慢話に付き合わされる

などなど。

なんとか集中して働くための方法を模索した結果、1番集中できるのが自宅での仕事でした。以前は「自宅に仕事を持ち帰る」というのは、仕事とプライベートのメリハリがなくなり、効率が悪いような気がしていました。ですから家での仕事は、極力避けていたのですが、非効率なのは、今思えば、時間に余裕があったからで、時間に余裕がないとテレビやお酒などの誘惑に負けず、集中も出来るので、私の場合、自宅での仕事が今とっても重要なビジネスタイムの1つになっています。(定時に帰ることで少しうしろめたい気持ちもありますが)

仕事は、会社と同じ情報を共有できる外付けHDDとパソコン、インターネット接続されている環境、コピーや普通紙FAX、スキャナーが一体化した複合機があれば、たいがいの作業はストレスなく自宅で行えます。

時間を効率的に活用するために、「自宅にパソコン仕事を持ち帰る」これ、忙しいサラリーマンに超おススメめの方法なのです。
posted by ナト at 04:55| Comment(0) | 自宅で出来る仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

自宅で仕事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。